鼻の黒ずみを意識し始めたのは今でも覚えているハイスク

鼻の黒ずみを意識し始めたのは今でも覚えているハイスクール1歳の冬場。
セミナーに行くために支度して「さ!メーキャップしよ!」って鏡を見たらはからずも鼻の頭に黒い点々が言える。
……なにこれ。
スクラブ洗顔してみても消えない、ピンセットでつまめるかと挑戦してもつまめない…セミナーに遅刻してしまうのでその日はコンシーラーで黒ずみを潰してそのままのメーキャップを通して登校。
その日から、ざっと10歳もあたしを悩ませてる黒ずみ対応隅っこ栓。若々しい間に気になって毛孔カリキュラムを2、3お天道様に1回してたら今度は開いた毛孔が戻らない。その力不足か開いた毛孔に隅っこ栓が滞りまたくすむ→カリキュラムを何度も何度も繰り返した。ふさわしい施術企画を当時は知らなかったのでカリキュラム後に冷手ぬぐいで毛孔を引き締める項目なんてしなかった。
今でも隅っこ栓は仇だけどお風呂立ちに冷手ぬぐい→人肌自体を引き締めて受け取るメーキャップ水→コラーゲン組立てジェル→乳液って施術し始めてからはもうすぐ黒ずみは減ったけど広がった毛孔がボコボコという際立つようになった。多少なりとも施術をほうっておくと返り咲き始める黒ずみにも依然困ってるんだけど誰か素晴らしい企画知らないかなー…
本当は美容クリニックに申請しに行ったほうが喜ばしいんだろうけどこんな時間も給与もない!
お手軽に…とまで私情は言わないけど正に嬉しい企画や施術企画を教えて欲しい…http://nonsilicone.xyz/